工房には腕の誤り

ペパクラプラモの備忘録

近況報告と4年振りのろうがんず杯

ご無沙汰しております。
夜勤の不規則な生活による心身疲弊およびこの生活から抜け出すための就活等で、顔を出す余裕がありませんでした。

それでも思いついたアイディアをカタチにしたいと模型製作だけは細々と続けており、経過をポツリポツリとTwitterへ投稿するなどしておりました。

半分諦め気分の生活を送っておりましたが、上手くいけば晩秋の頃、夜勤生活を抜け出せるかもしれません。

 

そんな気分を鼓舞する意味もあり、今回カタチにしている物を、久し振りにろうがんず杯へ申請してみようという気分になりました。
「スケールモデルくくり」のろうがんず杯は自分の方向性とは違うため、おそらく審査は通らないだろうと思っていたのですが、若干の審査対策の工夫が功を奏したのか、なんと審査を通過してしまいました。

「しんかい6500のジオラマ」で2015年に参加して以来、実に4年振りの参加となります。
 

完成未発表が条件なので、何なのかさっぱり分からない状態の画像投稿のみで失礼します。
100円ショップのテレビ回転台とタミヤのギヤーボックスとトラック&ホイールです。

2019-09-04_001

2019-09-04_002


更には、この差し迫った段階で購入し、果たして使いこなせるのか全くの謎でありますが、最後の悪あがきで実態顕微鏡なるものを買ってしまいました!
しかもまだ届いていません(苦笑)

2019-09-04_003

 

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

JUGEMテーマ:模型製作

| | - |07:20| [ペパクラプラモ] 近頃の製作 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 近況報告と4年振りのろうがんず杯

アルティメットコンテナ静岡ホビーショー2019バージョン完成

性懲りも無く今年も参加させていただく予定でおります静岡ホビーショー。


参加製作物はアルティメットコンテナですが、「賑やかし」軍団がやっと完成しました。

今日の夜から夜勤で明日は夜勤明け直行予定ですので、ギリギリでの完成です(^_^;)アブネー

 

昨年単体で展示した「宇宙服ネコたんぽぽ」ですが、本当はこのように使用する予定だったのです(^^;)

更にホネミッツプロダクツさんの「宇宙整備員サヴィーナ航海士」もこれに使用予定で買ってあったのですが、フィギュア系の製作経験が無かったので、ダラダラと製作を引き延ばしておりましたが、今回意を決して製作。

肌は難しいので顔だけ露出しているフィギュアを選んだのですが、それでもやはり難しいです(+_+)

初挑戦のため出来は問題外ですが、初めてづくしでかなり勉強になりました。

修理診断用ゴーグル?は凸部を削り取って、光ファイバーの断面に1005チップLEDを取り付けて光らせて、フィギュア塗装が下手くそなのを誤魔化しています(苦笑)

 

本来はこれにS.A.F.Sの殻割りを設置して「整備されている風景」を最終目標にしていたのですが、完全に間に合わないので諦めました(^o^;)"""

 

当日は他にも、100円ショップのプッシュライトスイッチで気軽に遊んで貰えるような工夫や、使った材料の展示なども予定してます。

参加される皆様およびご来場予定の皆様、今年もよろしくお願いいたします。

 

2019-05-10_001.jpg

 

2019-05-10_003.jpg

 

2019-05-10_002.jpg

 

2019-05-10_004.jpg

 

2019-05-10_005.jpg

 

2019-05-10_006.jpg

 

2019-05-10_007.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

| | - |05:55| [ペパクラプラモ] マシーネンクリーガー(Ma.k./SF3D) | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アルティメットコンテナ静岡ホビーショー2019バージョン完成

人生初めてのフィギュア塗装というのを始めてみました(^-^;)"の2

いよいよ一番難関の眼の塗装に入ります。
ネットで購入したx10 x15 x20の倍率で見えるという拡大眼鏡を使ってみます。

これ、両眼付いていますが、実際には片目づつでないと焦点距離が近すぎて使用できません。

なので片目が疲れたらもう一方で、とか右を塗るときは右で見て、などと使い分けました。

買っておいた塗装冶具、やっと陽の目を見る時が来ました(^^;)

2019-05-04_001.jpg

 

とてもアップには耐えられないので、遠目の小さい画像で失礼します(^_^;)

エナメルの茶系で虹彩を塗りました。
いやぁ細かい!(=_=;)シバシバ

2019-05-04_002.jpg

 

エナメルの黒と白で瞳孔とハイライトを塗りました。
うえぇ細かい!(+_+;)ショボショボ

2019-05-04_003.jpg

 

ハイライトがうまく決まらないので、何回もやり直していたら、だんだんとおかしなことに…
これ以上迷走していてもヤバそうなので、もうやめて、ラッカーのつや消しを吹いて、クリアで目を塗りました。
う〜んどうなの…表面処理が足りなかったのかな(-_-;)アセアセ

2019-05-04_004.jpg

 

納得がいかないのですが、ドツボにハマりそうなので、他の部分の塗装に移行しました。

フィギュア塗装できる人ってホント尊敬します(>_<)ヒエーッ
ホビーショーに間に合うのかコレ(汗)

2019-05-04_005.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

| | - |02:02| [ペパクラプラモ] マシーネンクリーガー(Ma.k./SF3D) | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 人生初めてのフィギュア塗装というのを始めてみました(^-^;)

人生初めてのフィギュア塗装というのを始めてみました(^-^;)"

ホネミッツプロダクツさんの宇宙整備員サヴィーナ航海士です。
モールドの修正や掘り込みなどを施した後、軸内をしてラスキウス01ホワイトピーチで顔周りを塗装。

2019-04-29_001.jpg

 

ラスキウス04ペールクリアオレンジを下から吹き付けた後、クリアで保護。

2019-04-29_002.jpg


タミヤエナメルのホワイトで白目を描き、薄い赤やブラウン系で唇や目の周りと顔の赤みを斑に描き、ホワイトでハイライト部を塗装。

2019-04-29_003.jpg

 

ブラウン系で眉毛も書きました。
アップで撮ると、だんだん表面が荒くなってるような…う〜ん難しい(汗)

2019-04-29_004.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

| | - |03:03| [ペパクラプラモ] マシーネンクリーガー(Ma.k./SF3D) | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 人生初めてのフィギュア塗装というのを始めてみました(^-^;)

久々のガチャーネンに塗装するねん

ずいぶん前に投稿したガチャーネンのA.F.S. mk1です(^_^;)
当時、ダボ穴を埋めたりモールドを強調したりなどの加工を施したものに、下地の黒塗装後、白塗装しました。

2019-04-27_000.jpg

 

ハイキューのコーションデカールと自作デカールで地球連邦中立軍の修理担当機という妄想設定でのデカールワーク。

2019-04-27_001.jpg

2019-04-27_002.jpg

2019-04-27_003.jpg

2019-04-27_004.jpg

 

このハイキューのコーションデカールは様になるデザインが多くて良いですね。
妄想の地球連邦中立軍マークは、ネットで見付けたもので、国連旗を元に作成した画像だそうです。

2019-04-27_005.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

| | - |00:00| [ペパクラプラモ] マシーネンクリーガー(Ma.k./SF3D) | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 久々のガチャーネンに塗装するねん

製作近況&ブログを見て下さっている皆様へ改めてのご挨拶

仕事あっての趣味ではありますが、恥ずかしながら1年程前まではとても仕事が少なく、その間ただ悶々としているのも勿体無いし精神衛生上良くないと思い、出戻り模型製作に没頭しておりました。

そうしたことでお仲間が増え、おかげでこうして何とかやってこれました。

 

その後、身辺状況が大きく変わり、生活サイクルが変わり、心身も疲弊し、仕事も夜勤でお勤めすることとなり1年経ち、模型を製作する時間もブロ友さんの所へ巡回できる時間も大幅に減ってしまいました。

 

なんとかお勤めできるようになった反面、今度はお世話になったブロ友さんの投稿をじっくり拝見することが出来ない状況となってしまっておりますことをお許しください。

 

この先もどうなっていくのか分かりませんが、ブログを見てくださっている方やブロ友の皆さんへの感謝の気持ちは変わりませんし、出来る範囲で巡回したいと思っておりますので、今後もどうか生暖かい目で見てやってください。

 

満足に訪問出来ていないおまえが長文書くな!ではありますが、こういうことは思っているだけでなく、折に触れ言葉(文章)にしても良いのではないかと思っており、以前も感謝の意を述べさせていただいたことがありましたが、今回も改めて書かせてもらいました。


さて、ご挨拶が長くなってしまったうえ、これまた長くて恐縮ですが製作近況です。

 

当方札幌の出身でして、若い頃は殆ど帰省などしなかったくせに、前述したような仕事が少なかった近年は、なるべく有意義に過ごすべく?毎年のように家族などと連れ立って帰省しておりました。

その間、地下道が駅から大通まで繋がり、市電が環状線化となるなど、自分が居た頃には考えられなかったように街は様変わりしました。

そして夜勤で帰省できなくなってからは北海道地震による大停電・・・。

 

生まれ育った地なので、その頃の記憶や愛着があるのはもちろんですが、帰省するようになった近年の楽しかった記憶や愛着も重なって、現在の自分の中で大きな割合を占めるようになりました。


いうなれば、大好きな映画の「聖地巡礼」に近い感覚とでもいうのでしょうか。

そういった様々な思いが駆け巡っていたところ、ちょうどトミーテック鉄道コレクションの札幌市電が発売されているのを知りました。

 

カタチは紛れもなく記憶の中の車種に近いものですが、シングルタイプパンタのものはすでに売り切れ。
カラーも自分の記憶の中の市電のカラーではありません。


エッチングでシングルZパンタが発売されていたことを知り、ネットで探してみましたが、これもどこを探しても在庫切れで諦めかけていたところ、一件だけ取り扱っているを探し当ててしまい、在庫を問い合わせしたところ有りとのこと。

 

一応自分もモデラ―の端くれ、これはなにかの啓示か?と車体とパンタを購入し、車体の塗り替えを決意。

2019-04-21_001.jpg


ネットで資料を漁り、当時の記憶を辿り、Nスケールの小ささと闘いながらのマスキングを敢行し、調色を行ったところ、マスキングも上手くゆき、塗装も「あ〜!これこれ!こんな感じだった!」と、驚くほど自己満足のゆく仕上がりになりました。

2019-04-21_002.jpg

 

ここまで来たら後には引けません、次はハイキューのデカールTH&スタンピングリーフやエーワンの自分で作るデカールシール(水転写)などを総動員して、オリジナルデカールを作成してのデカールワークです。

2019-04-21_003.jpg

 

購入してあったのに使ったことのなかったエーワンの自分で作るデカールシール(水転写)は、通常の水転写デカールと違う使い方とビックリするほどの薄さに戸惑いながらも、なんとか貼り付けることが出来ました。
スタンピングリーフの白文字デカールも良い感じです。

ラインは通常の白色マスキングテープを使って表現しましたが薄いため下地が透けてしまい少し気に入りません。

2019-04-21_004.jpg


何か良い素材は無いかと探したところ、タミヤの曲線用マスキングテープを発見し、これに張り替えました。

ビニールテープのような素材感で通常のマスキングテープより厚みが出てしまいますが、やはり色味の仕上がりは良く、デカール定着と段差緩衝のためにクリアーを吹く予定なので、厚みが目立たなくなるのを期待して、これで行くことにします。

2019-04-21_005.jpg

 

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

| | - |01:01| [ペパクラプラモ] Nゲージ | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 製作近況&ブログを見て下さっている皆様へ改めてのご挨拶

S.F.3.DのNEUSPOTTER(ノイスポッター)ついに再版!

つい先日気が付いたのですが、いつの間にやらウェーブから、紛失した金型を新規に起こしたと以前から噂になっていたノイスポッターがいよいよ再版されるらしく、既に予約が始まっておりました!

 

当時は敷居が高く感じていたS.F.3.Dでしたが、魅力的なデザインが多く、特にこの不思議で不気味なカタチ(確か大入道という愛称だったはず)のインパクトは大きかったです。

 

出戻り模型を始めてからオークションなどで売買されているのを見付け、当時を思い出して欲しくなり、金型が無く再版される見通しは無いということだったので、プレ値だったものの奮発して旧キットを手に入れたものでしたが、それが新規金型により再版される時代が来るとは…。

 

 

| | - |21:00| [ペパクラプラモ] マシーネンクリーガー(Ma.k./SF3D) | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - S.F.3.DのNEUSPOTTER(ノイスポッター)ついに再版!

久し振りのストラクチャー造り

GMストラクチャーキットの仮組みです。
中型駅の設定ですが、昭和近代建築の商業ビルっぽさがあってなかなか良い感じです。

2019-03-02_001.jpg

 

年代物の金型らしいですが、冷却搭や看板なんかもちゃんと用意されているし、しかもキットだから完成品の約半額位と値段も安くて、それがまた嬉しい!(^o^;)

2019-03-02_002.jpg

2019-03-02_003.jpg


この中型駅、自分が目指しているビルに近い造形をしていますが左右が反対なので上下反転させて使用予定です。
で、久し振りにカッティングプロッターを引っ張り出してきてゴニョゴニョしてます(^^;)

2019-03-02_004.jpg

2019-03-02_005.jpg


カッティングプロッターで切れ目を入れた0.3丱廛虍弔髻拡大鏡越しに角からセンターへ向けてひたすら切り出して、くり貫いていますφ(-。-;)カリカリ
老眼なので拡大鏡が無いと見えない(汗)
0.2个枠羈單容易に切り出せますが、たった0.1舒磴Δ世韻悩邏箸格段に大変になります(;´∀`)

2019-03-02_006.jpg


にしてもこの作業はしんどいです( ノД`)
しかも切り出し予定のプラ板は更にもう一枚アル…(´-ω-`;)

2019-03-02_007.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

| | - |05:00| [ペパクラプラモ] Nゲージ | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 久し振りのストラクチャー造り

トミーテックのバスコレ動力、LiPoバッテリー化&電飾化(その7)

2台目の動力ユニットも作成しました。

1台目はヘッドライトの位置は接着固定、テールランプは両面テープの仮止めで位置が変えられるようにしました。

2台目はヘッドライトもテールランプも両面テープの仮止めとして、位置が変えられるようにしました。

2019-02-21_001.jpg

2019-02-21_002.jpg


動力ユニットの側面を目立たなくさせるための黒塗装は、1台目は水性アクリル絵具で塗装しましたが、ボディと擦れると落ちてくるので、油性マジックで追加塗りをしていました。

そこでふと、「ん?最初から油性マジックで十分じゃね?」と思ったので、2台目は油性マジックだけで塗り塗りしました。
元々プラ板は加工のためかなりヤスってあり、表面は程良く荒れていて定着も良さそうなので、やはり油性マジックだけで事足りるようです(汗)

2019-02-21_003.jpg


1台目のHINO RE100と比べると、2台目のいすゞ BU15Pの方がヘッドライトの位置は低く、テールランプの位置は高いので位置可変にして調節出来きるようにして良かったです。

2019-02-21_004.jpg

2019-02-21_005.jpg


2台の走行テストです。
まずは改造動力ユニットのみ。
BM-01改(先発)
BM-02改(後発)
ギヤ比(各ギヤの歯車の数を全部数えました(^^;))もLiPoバッテリーも、ほぼ同条件なのに走行スピードが違います。
モーターの個体差でしょうか?(-_-?)

 

続いてボディを装着しての走行テスト。
HINO RE100(先発)動力:BM-01改
いすゞ BU15P[オバQ](後発)動力:BM-02改
ここで気が付いたのは、BM-02の方が全体のスピードが遅めで、減速時のスピードは更にスローな気がします。
もしかして、より実感的になるようプログラムが見直されているのかもしれません。

 

そしていよいよ本丸予定だったボンネットバス いすゞ BX352ですが・・・
2019-02-21_006.jpg

 

バラしてみるとナント〜ぉ!?ボンネットがシャーシ側と一体でしたΣ(゚Д゚;)
しかもスペースもかなりの狭さ(-ω-;)
ステアリングユニットも新造しないとダメそうですし、これは難しい・・・っていうかムリじゃね?(-公-;)

2019-02-21_007.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

| | - |18:00| [ペパクラプラモ] Nゲージ | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - トミーテックのバスコレ動力、LiPoバッテリー化&電飾化(その7)

トミーテックのバスコレ動力、LiPoバッテリー化&電飾化(その6)

ボディの裏側や動力ユニットの側面や裏面に水性アクリル絵の具の黒を塗って遮光処理しました。

2019-02-08_001.jpg


開口したヘッド&テールランプに0.5mm光ファイバーを入れて導光しました。

これで予定していた全ての改造が完了したので、テストのためにコースデビューです。

2019-02-08_002.jpg

2019-02-08_003.jpg


走行テスト(後ろから)
走行→減速→停止→発進→加速、テールランプ&ブレーキランプ動作OK


走行テスト(前から)
走行→減速→停止→発進→加速、ヘッドライト点灯OK

 

大きさが丁度良さそうだったので、100円ショップの500玉用コインケースの仕切りを切り取り、エアキャップに包んだバスを収納出来るようにしてみました。
これで保管や持ち運びが便利になりました。

2019-02-08_004.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m
| | - |03:45| [ペパクラプラモ] Nゲージ | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - トミーテックのバスコレ動力、LiPoバッテリー化&電飾化(その6)