工房には腕の誤り

ペパクラプラモの備忘録

(MGの)ザクとは違うのだよザクとは![サイド7進入"風"]

素組みで遊ぶ予定だったHGUC MS-06ザク兇任垢、なかなかにTVアニメの雰囲気を醸し出していたので、サイド7進入ポーズを取らせたて可動域を拡張したところ止まらなくなり、ティテールアップや塗装と結局行く所まで行ってしまいました(笑)

 

さて、以前からこのブログを見てくださっている皆様におかれましては、"スケール不肖"で製作した"アルティメットコンテナジオラマベース"の存在を覚えておいででしょうか(^^;)

 

"たんぽぽねこ"や"マシーネン"用としてSHS2019に出展いたしましたが、当初から"汎用"であるとお話ししておりました。
実はドアのサイズ感などは、このように使用するのを想定して1/144でも使い回せるよう高さを約20cm程で製作していた次第であります。

 

今回やっとその構想を実現するに至り、このアルティメットコンテナジオラマベースをザクさんと組み合わせ、やってみたかったサイド7進入"風"ジオラマベースとしてみました。

2020-04-21_00A.jpg

 

ザクさんの足裏バーニアに貼り付けた物と同様のネオジウム磁石を貼り付けました。
1枚では磁力が弱く、結局3枚貼り付けないと保持できませんでした(^^;)
足裏側も1枚では磁力が弱く2枚使用しています。

本当は足裏もコンテナも磁石1枚ずつでいきたかったのですが…やってみるとこんなもんです(苦笑)

ハッチ開閉用ツマミっぽい物を、穴開けパンチでくり抜いたプラ板の積層と1mmアルミ棒で作成し、ここに指を引っ掛けることで、ここも姿勢保持に一役かっています(^o^;)

2020-04-21_00B.jpg

2020-04-21_00C.jpg

 

貼り付けたネオジウム磁石とツマミは塗装して、周りと同じように汚しを加えてあります。

最終的にはそれでも姿勢を保持できず、レール収納式のピアノ線をコッソリ動力パイプに引っかけています(汗)

2020-04-21_00D.jpg

2020-04-21_00E.jpg

 

 

右脚の位置はアルティメットコンテナのレール状ディテールの上に乗せるようにして、ずり落ち防止のストッパーにしています。
これでやっと落ちずにザクさんが壁に張り付いてくれるようになりました。

2020-04-21_00F.jpg

2020-04-21_001.jpg

2020-04-21_002.jpg

2020-04-21_003.jpg

2020-04-21_004.jpg

2020-04-21_005.jpg

2020-04-21_006.jpg

2020-04-21_007.jpg

 

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

| | - |02:22| [ペパクラプラモ] バンダイ 1/144 HGUC MS-06ザク | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - (MGの)ザクとは違うのだよザクとは![サイド7進入

(MGの)ザクとは違うのだよザクとは![塗装完了]

モデラーは自粛と言われなくとも、
元々引きこもって製作していますので問題無かったりしますが、
日本はおろか世界的なウィルスパニックや非常事態宣言など、
一昔前の映画の題材でしか目にしたことが無かったような事態が起きています。

 

自粛と言われてもテレワークが出来ない職種もありますし、
そういう時でも働かないといけない人達もいますし、
そういう時だから働かないといけない人達もいます。

 

3密を防ぐのは結構ですが、密接しているのは通勤電車も同じです。
自分もテレワークが難しい職種なので、
この状況で満員電車(少しは空いていますが)に乗るのは嫌ですが、
会社が自粛しなければ通勤せざるを得ません。

7〜8割通勤を減らせといわれても、それだけ減れば実質業務になりませんよねぇ。
そういう全体のことを上手くまとめられれば良いのですが…。

 

さて愚痴はこれくらいにして、引きこもりのHGUC MS-06ザク教輅眇閉修任后

デカールワークも終わり、やっと塗装が完了しました。

 

TVアニメ調を再現したかったのがそもそもの始まりなので、

ツヤ有り仕上げにしたかったのですが、

スケール感が損なわれる可能性もありますし、

そもそも自分は綺麗なクリアー仕上げというのが苦手でして…
それならいっそのこと、それを活かしてしまえ!ということで、
デカールワーク後のクリアー(2度吹いています)は砂吹きにして、
装置の筐体や壁の建材で見掛けるようなエンボス光沢風にしてみました。

 

このボディ塗装との合わせワザを考えていたので、
動力パイプは"つぶし玉"の金属感を活かしそのままにしています。

 

他にも関節部分をチラホラとシルバー塗装にして、
シルバーのバランスを満遍なくしたつもりです。


汚しも完成状態によっては、敢えて入れなくても良いのではないかと考えていました。

予想通りこのままでも良さそうな感じです。

 

1枚目〜4枚目は第一話のオマージュ的なカット割りにしてみました。
たこ糸で吊して撮影しましたが、消さないでわざとそのままにしてみました(笑)

 

Twitterでは、たこ糸を消して動画にして投稿しています。

同じものをGIF動画に変換して一番最後に載せました。

 

2020-04-12_001.jpg

 

2020-04-12_002.jpg

 

2020-04-12_003.jpg

 

2020-04-12_004.jpg

 

2020-04-12_005.jpg

 

2020-04-12_006.jpg

 

2020-04-12_007.jpg

 

2020-04-12_008.jpg

 

2020-04-13_001_400x300.gif

 

ザク自体は一応これで完成ですが、
これから"サイド7進入"風にやりたいことがあるので、
もう少し続く予定です。

 

追伸

このような時期に腰痛になってしまい、今日は仕事を休んでしまいました(困)

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m
| | - |13:13| [ペパクラプラモ] バンダイ 1/144 HGUC MS-06ザク | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - (MGの)ザクとは違うのだよザクとは![塗装完了]

(MGの)ザクとは違うのだよザクとは![その16]

HGUC MS-06ザク兇竜輅眇閉修任后

やっと塗装まで来ました。
このあと更にもう一歩進んだ塗り分けをするかどうか思案中です(-ω-;)ウーム
一緒になんか違う物が写っていますが、気にしないでください(笑)

2020-03-28_001.jpg

 

せっかく塗装まで来たのですが、実は気になっている箇所があります。
つぶし玉と100円ショップのビニール被覆針金で作った動力パイプです(-_-;)
潰すことが前提だからなのか、つぶし玉の外径と内径の精度が良くなく、潰すとそれが更に目立ち、仕上がりがマチマチになり特に胴体は不揃いが目立ち気に入りませんでした(´・ω・`)

 

胴体と足の動力パイプ用のつぶし玉の内径は約2mm。頭部の動力パイプ用のつぶし玉の内径は約1.5mmです。
つぶし玉の精度が良くないので、まさに「約」です(苦笑)

 

ビニール被覆針金(外径1.6mm)につぶし玉(内径2mm)を通すと、スカスカだったり通らなかったりするような有様です(゚Д゚;)

ケガキ針の先端からの円錐形状が使えそうだったので、つぶし玉をケガキ針に通し、ラジペンでつぶし玉の側面をケガキ針の奥へグイッと押しつけて穴を拡張し、電飾用の収縮チューブをつぶし玉の現物合わせで、適当な幅に切り出してからビニール被覆針金に被せて内径の厚みやつぶし玉の間隔のスペーサーに利用してつぶし玉を通し、潰さずに一つ一つ瞬着で固定していきました。

2020-03-28_002.jpg

 

つぶし玉(金属)とビニール被覆を接着するのは強度の面で不安ですが、収縮チューブと被覆なら接着力も有り、収縮チューブがつぶし玉の内径のスペーサーになるので、つぶし玉が動くことも無さそうです。

2020-03-28_003.jpg

 

この方法でとりあえず気になっていた胴体の動力パイプを作ってみたところ、やはり粒揃いの方が全然良いです!
しかも黒い部分の面積が多めで、当初自分が狙っていた感じに近いです!
左が"潰さない"つぶし玉で作った動力パイプで、右が最初に作った"潰した"つぶし玉の動力パイプです。

2020-03-28_004.jpg

 

こうなるとやはり足や頭部の動力パイプも作り直したくなり、結局全部再製作しました(^_^;)
下が"潰さない"つぶし玉で作った動力パイプで、上が最初に作った"潰した"つぶし玉の動力パイプです。
あ〜ややこしい(苦笑)

2020-03-28_005.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m
| | - |23:23| [ペパクラプラモ] バンダイ 1/144 HGUC MS-06ザク | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - (MGの)ザクとは違うのだよザクとは![その16]

(MGの)ザクとは違うのだよザクとは![その15]

牛歩進捗のHGUC MS-06ザク兇任后
アクセサリー用の"つぶし玉"と100円ショップの"ビニール被覆針金"で動力パイプを作ってみました。
"つぶし玉"の大きさが結構まちまちだったうえ、ビニール被覆針金に通してペンチで圧着してつぶすので、形が不揃いになりがちなようです。
なのでキットの動力パイプとどっちが良いか、両方塗装してどっちを採用するかは検討しようかと思いますが、これで自分的目標のディテールアップは一通り完了したので、いよいよ塗装に入ります。やっと塗装かよ(苦笑)

2020_03-21_001.jpg

2020_03-21_002.jpg

2020_03-21_003.jpg

2020_03-21_004.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m
| | - |18:00| [ペパクラプラモ] バンダイ 1/144 HGUC MS-06ザク | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - (MGの)ザクとは違うのだよザクとは![その15]

(MGの)ザクとは違うのだよザクとは![その14]

HGUC MS-06ザク兇竜輅眇閉修任后

 

Alliexpressで注文していた充電式のミライトです。

新型ウィルスが騒がれる前に到着済みでしたが、

掲載する機会を逸してそのままになっていました(苦笑)

2020_03-15_001.jpg

 

どうやって充電状況が分かるのかなぁ?とコンセントに差してみたら、

充電器の内部のLEDが透けて点灯する仕様?でした(笑)

2020_03-15_002.jpg

 

スジボリとプラペーパーで地道にディテールアップを行ってきましたが、

ようやく自分的に目標としているところまで作業が完了しました!

当時のアニメのイメージを目指していたので、

頭部にはスジボリは行わない予定でしたが、

SNSのお仲間さんが"ガシャポンの頭部"を

RGザクのパッケージアート風に仕上げていたのが凄く格好良かったので、

自分もついやっちゃいました(苦笑)

そもそも、これだけスジボリを入れてプラペーパーを貼っておいて、

"当時のアニメのイメージ"と言っても今更全然説得力がありませんよね(笑)

2020_03-16_001.jpg

2020_03-16_002.jpg

2020_03-16_003.jpg

2020_03-16_004.jpg

2020_03-16_005.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

| | - |00:33| [ペパクラプラモ] バンダイ 1/144 HGUC MS-06ザク | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - (MGの)ザクとは違うのだよザクとは![その14]

(MGの)ザクとは違うのだよザクとは![その13]

HGUC MS-06ザク兇竜輅眇閉修任后

 

ネットで見付けた後ハメ加工法(プラパーツとポリパーツを切り欠く)で差し込み式にしましたが、

徐々に拡がってきて関節がグラグラになり、

プラパーツの強度が落ちて割れてしまったので、

関節に○穴を開け、ウェーブのシリンダーを使って、

塗装後に差し込んで接着出来るように変更しました。


これで関節がグラグラしなくなり、

ついでにディテールアップにもなりました。

左側が今までの切り欠き式の後ハメ加工で、

右側が修復した穴開け差し込み式の後ハメ加工です。

この修復を行うため、パーツ請求しようと思ったのですが、

いつまで待っても"Cパーツ"が在庫切れだったため、

仕方なくザクさんをもう1つ買ってしまいました…。
2020_03-15_003.jpg

2020_03-15_004.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

| | - |23:45| [ペパクラプラモ] バンダイ 1/144 HGUC MS-06ザク | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - (MGの)ザクとは違うのだよザクとは![その13]

昨日はザクの日だったので…

投稿しようと思ったのに寝落ちしました(^^;)


相変わらずプラ板とスジボリで、ボチボチとディティール追加中です(^o^;)

2020-03-10_001.jpg

2020-03-10_002.jpg

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m

 

| | - |10:10| [ペパクラプラモ] 近頃の製作 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 昨日はザクの日だったので…

空想海中ジオラマ製作記[番外編2]

模型SNSのお仲間さんに教えられて知ったのですが、

2020年2月に発売されたモデルアート4月号の"ろうがんず杯レポ"の記事に、

受賞者様や凄腕の皆さんと並んで自分の作品が掲載されていてビックリです!(゚Д゚)
記者の方の目に留まっただけでなく掲載もして頂けたなんて嬉しいです (゚∀゚)♪

2020-03-04_001

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m
| | - |03:03| [ペパクラプラモ] 空想海中ジオラマ | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 空想海中ジオラマ製作記[番外編2]

(MGの)ザクとは違うのだよザクとは![その12]

停滞気味のHGUC MS-06ザク兇任垢、牛歩にて進めています。
太腿部のスジボリやプラ板貼りは終わっていましたが、脛周りがまだだったので、この週末に作業しました。
放送当時の雰囲気を壊さない程度に"程々"にしましたが、たったこれだけなのにアイディアと作業(しかも片足だけ)で週末が終わってしまいました(汗)
どんだけ手が遅いんだろうか(^^;)

スジボリの際、ついつい力が入ってしまうのですが、最初の掘り込み作業はできるだけ軽いほうが安全なはずなので、今回は敢えてわざとマスキングテープをガイドテープにしてみました。

曲面にも貼れますし力を入れすぎるとマステがズレてしまいガイドになりませんから、これで一石二鳥になるかと(^^;)

結果は悪くなさそうでしたので、もう片方の脛もこの方法でやってみようと思います。

2020-02-10_001.jpg

2020-02-10_002.jpg

2020-02-10_003.jpg

2020-02-10_004.jpg

 

それにしてもスカートから見えるプリケツ(太腿上部)の解決策が思いつきません。
手持ちのジャンクパーツや細かい配管様の3Dプリントデータをガレージーメーカーから購入して乗っけてみたりもしましたがイマイチ…何か良い方法はないものでしょうか(-_-;)

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m
| | - |11:12| [ペパクラプラモ] バンダイ 1/144 HGUC MS-06ザク | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - (MGの)ザクとは違うのだよザクとは![その12]

空想海中ジオラマ製作記[番外編]

空想海中ジオラマ製作記[番外編]

動画では内部の全体像や細かい部分などが紹介できなかったので、画像で投稿してみました。

2020-02-03_021.jpg

 

2020-02-03_022.jpg

 

2020-02-03_023.jpg

 

2020-02-03_024.jpg

 

2020-02-03_025.jpg

 

2020-02-03_026.jpg

 

2020-02-03_027.jpg

 

2020-02-03_028.jpg

 

2020-02-03_029.jpg

 

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

←気が向いた方はポチッとお願いします m(_ _)m
| | - |00:00| [ペパクラプラモ] 空想海中ジオラマ | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 空想海中ジオラマ製作記[番外編]